HOME > 芦屋観光マップ

芦屋観光マップ


夏井ヶ浜はまゆう公園・響愛の鐘

県内で3番目に恋人の聖地として認定されており、美しい海岸線が一望できる芦屋町を代表する公園です。

園内には、夕日の見える、“展望園地”や鳴らすと幸せになれる“響愛の鐘”中央には町花である“はまゆう畑”が広がっています。 大切な人とすてきなひとときをお過ごしください。

芦屋釜

芦屋町では、古くから優れた茶の湯釜が作られていました。

現在“9つ”ある国指定重要文化財の茶の湯釜のうち“8つ”が芦屋で作られた“芦屋釜”です。見所は釜の表面に描かれる動植物、風景、幾何学文などの美しい文様です。また、芦屋釜は薄く軽いことから使い勝手がいいことも特徴で、薄いものでは胴部の厚みが2ミリ程度しかなく、現代の釜師では復元が難しいと言われています。

美しさと使い勝手を考えた軽さ。この両者を兼ね備えていたことが、数百年の時を経た現代においても明記として受け継がれている所以といえるでしょう。

芦屋釜の里

江戸時代初期に途絶えた足アガマを現代に復興させるために開園した施設。
約3000坪の日本庭園が広がっており、園内には、芦屋釜などを展示している“資料館”や、茶の湯釜を制作する“復興工房”、いつでも抹茶を楽しめる“立札房”、茶の心に親しんで頂けるよう大小の茶室も配しています。また、毎年春秋には、夜間に庭園をライトアップしてコンサートも開催していおりますので、お気軽にお尋ねください。(093-223-5881)

芦屋海水浴場・レジャープール"アクアシアン"

白い砂浜に青い海、福岡県を代表する海水浴場です。レジャープールも隣接し、県内最長のウォータースライダーや流水プールなど、プールも海水浴場も楽しめます。

芦屋海浜公園

芦屋海岸に隣接し、広大な芝生広場と大型の遊具が魅力の公園です。
遠足や各種イベントに利用されています。また、プール営業期間中(7月-8月)以外は、貸し自転車もあり、サイクリングを楽しめます。

はまゆう自生群落

九州本土の自生の北限として福岡県の天然記念物に指定されており、7月中旬から8月上旬にかけて開花します。夕暮れに甘い香りをただよわせ、みずみずしい緑色と白い花が調和してとてもきれいです。

狩尾岬

千畳敷と呼ばれる海食作用の石畳が広がっており、磯遊びが楽しめます。

洞山・堂山

岩山に大きな穴の開いた珍しい山。その昔、神功皇后が戦いに行く途中、芦屋に立ち寄り、必勝を誓った矢が小島を貫通してできたといわれています。

芦屋歴史の里

館内には、山が貝塚から出た縄文人骨、芦屋釜、商家の道具、芦屋歌舞伎、漁具などが展示されています。また、定期的に特別展も開催されていりますので、お気軽にお尋ねください。


岡湊(おかみなと)神社

『日本書紀』にも記載される遠賀郡芦屋地方の産土神社です。故事により、厄除け・身代わり(ひとがた)・交通安全の紙として信仰を集め、毎年4月29人には、伝統上記の人形感謝祭が行われます。

境内には、明治神宮外苑と同じ神木の「なんじゃもんじゃ」の木が大小200本近く植えられています。4月下旬から5月上旬には、雪が積もったような純白の花を咲かせます。

宮司邸内にある「千光院大蘇鉄(福岡天然記念物)」は「島原の乱」を鎮圧した再に原城内から黒田藩士が持ち帰ったもので、樹齢400年以上と言われています。

このページのトップへ